海外旅行保険

海外旅行保険に入っていてよかったこと

海外旅行保険に入っていてよかったこと

海外で、急に体の体調がおかしくなる、そんなことってないと思っていませんか?
ツアーであれば、添乗員さんがなんかしらの常備薬を持っているだろう、なんて思っていらっしゃるかたもいるかもしれませんし、常備薬に胃薬、頭痛薬、サプリ等いろいろ持参される方もいらっしゃるかもしれません。そんなに薬を持っていくよりも、現地でお医者さんにかかられてしまったほうが安心です!お医者さんは、世界中どこにいってもやってくれることは一緒。すなわち、病気を診断し、治療してくれるのです。一番自分の症状に合った薬を処方してくれるので、日本以外でも安心してかかることが出来るかと思います。

 

が、安心してかかれないという状況になってしまうのが、海外旅行に行く前に海外旅行保険に加入していなかった方!

 

海外旅行保険では、確か歯は保険適用外になっていたと思うので、歯医者にだけは旅行前にかかっておくとして、お腹が痛くなったり、熱が出てしまったり、なんか急な大病をした場合に助けてくれるのは、海外旅行保険だけですよ

 

実は私も、海外旅行保険にお世話になった一人です。オーストラリアでサーフィン中、波に巻き込まれてリーフで足をざっくり切ってしまったんですう〜。もちろん、血は流れ出るし、案外ぐっさりといってしまって、オージーも引いてるし、これはこのまま救急でお医者さんにかかるしかないねということになりました。

 

現地のお医者さんで、数針縫われたわけで、まあそのくらいで済んでよかったのですが、その際に聞かれたのが、海外旅行保険に入っているか。もちろん入っていたので、友達に家から治療が終わる前に持ってきてもらって事なきを得ましたが、もし入っていなかったら、どのくらい請求されたんだろう。。。と思うと恐ろしかったです。10万くらいなのかなあ。

 

みなさんも、海外旅行に行く前には、安心を買うと思って海外旅行保険に加入しておくことがお勧めです。ポイントとしては、キャッシュレスで受診できるシステムになっている保険に加入することですよ〜!

ホーム RSS購読 サイトマップ