海外旅行保険

海外旅行保険を実際使ってみて

海外旅行保険を使ってみて

実は今年の初めに、2歳の息子を連れてグアムに家族旅行に行ってきました。
よく病気をする子なので、念のため4泊5日の旅だったのですが、海外旅行保険に加入。
私たちが加入したのは、キャッシュレスで病院にかかることのできるタイプの海外旅行保険にしました。
というのも、キャッシュレスで病院にかかることのできないタイプの海外旅行保険の場合、まずは自腹で病院にお金を払い、後で保険会社で手続きをとって払った分のお金を請求するという面倒くさい方法になってしまうから。
キャッシュレスの場合は、病院から直接保険会社に請求がいくので安心ですよね。
もちろん、いくらキャッシュレスでも間違いがあると困るので、受け取った書類関連はすべてクリアファイルに保管してとっておきますが。

 

海外旅行保険を使ってみて

グアムに行って2日目の夜、急な発熱でぐずりだした息子。
困ってしまって、日本で加入してきた海外旅行保険のサポートデスクに電話してみました。24時間対応してくれるので、かなり安心感があったのですが、実際どうなのかなあと不安感はあったのですが、すぐにその時間で空いている救急病院を探してくれて、住所と病院名をメモリ、ホテルからタクシーで救急病院に向かいましたよ。泣いている息子も、タクシーに乗ると大人しくなり、なんかしらないけれど病院に連れて行ってもらえるとわかったようで静かにしていました。病院につくと、ERに回され、対応してくれたのが親切な白人のお医者さんでした。私が病院に持って行ったのは、パスポートと海外旅行保険証、それからクレジットカードと、現金300ドルくらい。キャッシュレスとはいえ、万が一ダメと言われたときにカードで支払おうと思って(笑)。もちろん、キャッシュレスで対応してもらえましたし、この時間は薬局やってないからどうするのかと思ったら、しっかり病院でその場でお薬ももらえて大丈夫でした。
息子の病気は中耳炎だったと知り、グアムで初めて中耳炎を体験してしまいましたよ。海外旅行保険に入っていたら、病院に行くのさえ困っていたでしょう!

ホーム RSS購読 サイトマップ